上妻宏光 HIROMITSU AGATSUMA OFFICIAL WEB SITE

HIROMITSU AGATSUMA PROFILE

上妻宏光 HIROMITSU AGATSUMA

1973年茨城県出身。6歳より津軽三味線を始め、幼少の頃より数々の津軽三味線大会で優勝する等、純邦楽界で高い評価を受ける。 ジャズやロック等ジャンルを超えたセッションで注目を集め、2000年に本格的にソロライブ活動を開始し、 ニューヨーク、ニューオリンズで地元ミュージシャンとセッションも行う。 帰国後デビューアルバムの制作に入り、2001年1stアルバム『AGATSUMA』をリリース。 同アルバムと、6thアルバム『○-エン-』で「日本ゴールドディスク大賞 純邦楽アルバム・オブ・ザ・イヤー」を受賞する。 2003年にリリースされた2ndアルバム『BEAMS ~AGATSUMAII』は全米リリースされ、アメリカ東海岸ツアーも行う。 これまでEU、アフリカ等、世界30ヵ国以上で公演を行っており、ハービー・ハンコック、マーカス・ミラー等との共演も果たしている。 またアーティスト、舞台、映画、ドラマ等様々なシーンへの楽曲提供も行うと共に、演奏者として国内外のアーティストのアルバム制作にも参加。 2013年には安倍内閣総理大臣主催の「TOKYO2020公式夕食会」、「第5回アフリカ開発会議 公式首脳晩餐会」において、日本を代表して演奏を披露。 近年では市川海老蔵をはじめ、歌舞伎の舞台出演、音楽制作を担当する等、伝統芸能との交流も深めている。 2016年、予てより唯一の愛弟子である志村けんと「キリン 氷結®」のTVCMにて、師弟による出演。 2017年7月のカザフスタン「アスタナ万博」では、日本文化を世界へ発信する上妻宏光プロデュース公演を行う。伝統的なジャンルのみに留まることなく、国内外問わず数多くのミュージシャンとのセッションを重ねながら、津軽三味線の”伝統と革新”を追求し続けている。 また日本全国の小学校において日本の伝統音楽の魅力を伝える授業を行っており、 次世代への文化伝承にも力を注ぐ新世代津軽三味線奏者の第一人者である。

海外アーティスト共演 (順不同)

Marcus Miller
-マーカス・ミラー (B)
Larry Coryell
– ラリー・コリエル (G)
Sarena Jones
– サリナ・ジョーンズ (Vo)
Bobby McFerrin
– ボビー・マクファーリン (Vo)
David Benoit
-デビッド・ベノワ (Key)
Herbie Hancock
– ハービー・ハンコック (Pf)
Brandon Ross
– ブランドン・ロス (G)
Yamandu Costa
– ヤマンドゥ・コスタ (G)
Hamilton de Holanda
– ハミルトン・ジ・オランダ (Bandolim)
Al Kooper
– アル・クーパー (Key,G,Vo)

受賞歴

2007年
第21回日本ゴールドディスク大賞
純邦楽アルバム・オブ・ザ・イヤー受賞
6th Album 『○-エン-』
2003年
第11回スポニチ文化芸術大賞 優秀賞受賞
2002年
第16回日本ゴールドディスク大賞
純邦楽アルバム・オブ・ザ・イヤー受賞
1st Album 『AGATSUMA』
1995年~96年
津軽三味線全国大会 連続優勝
1988年
全日本津軽三味線競技大会 優勝(大会最年少)